法人税

保存版!これでカンペキ・電子帳簿保存法

おはようございます、税理士のなかやまです。 いよいよ今年の10月1日からインボイスが始まる事は皆さんご承知かと思います。 さらに来年1月1日からは電子帳簿保存法が始まります。 税務関係がどんどん複雑化する今日この頃で大変ですね・・・(汗)   今日は大変勘違いが多い電子帳簿保存法のおさらいです。 まず、電子帳簿保存法は大きく分けて以下の3つがあります。 (ほとんどの人はここ   …もっと読む

税務調査の流れ(事前準備編)

おはようございます、税理士のなかやまです。 令和5年も早くも半年が過ぎました。   給与等から天引きされる源泉所得税は原則毎月納付ですが、 社長やパートさんを含む従業員が9名以下の場合は納期の特例を適用することが出来ます。 納期の特例を適用している会社の場合は、 1~6月までに源泉徴収された所得税を7/10までに納付します。 対象となるお客様には弊所で納付書を作成してお送り   …もっと読む

電子帳簿保存法の「宥恕規定」と「猶予規定」

おはようございます、税理士のなかやまです。 祝日がない6月になりました・・・。   6月は上半期の源泉所得税の締め月となります。 給与や税理士報酬から天引きしている源泉所得税は、原則支払い月の翌月10日までに納付 が必要ですが、人数10人未満の会社・個人事業主の場合は、半年に1回の納付で済みます。 (これを「納期の特例」と言います) その為、今月は弊所職員が皆様の会社・事業   …もっと読む

現金実査の重要性

おはようございます、税理士のなかやまです。 3年ぶりに行動制限のないGWですね。 天気があまりよくない予報ですが、皆様ご予定はいかがでしょうか?   私は今年度、税理士会の総務部長に就任したので6月の総会に向けて準備があります。 丁度4月に総会の議案書案が出来たので、そのチェックをしなければいけません。 その為、GWのGは「ゴールデン」ではなく「議案書」のGになりそうです・・   …もっと読む

新しく社員を採用した時の注意点

おはようございます、税理士のなかやまです。 今年は早々に春の訪れを感じる気候が続いていますね! このメルマガが配信される頃にはお花見シーズンも終わっているのではないでしょうか。   さて春と言えば、新しく社員が入る時期でもあります。 今回は新しく社員を採用した場合の手続きをおさらいしてみましょう。 (今回の手続きは役員ではなく、一般社員編です)   社員を採用し   …もっと読む

家族への給与は経費になるのか?専従者給与のハナシ

おはようございます、税理士のなかやまです。 個人の確定申告もいよいよ第4コーナー、事務所内も最後の追い込み真っ最中です。 確定申告は、作成・申告するまでで終わりではありません。 その後の資料整理がこれまた地味に時間がかかるんです・・・。 なんせ1年に1回の事なので、次年度もスピーディーに取り掛かれるよう、 今のうちから色々下準備をしているのです。 さてさて今回は個人事業主向けのハナ   …もっと読む

免税事業者のインボイス・救済措置アレコレ

おはようございます、税理士のなかやまです。 税理士業界は、個人の確定申告シーズン突入で、いわゆる繁忙期となります。 今年は10年ぶりくらいに税理士会の確定申告の無料相談担当員になります。   この時期、税務署や各種の無料相談会場で確定申告の相談・申告が出来ますが、 その会場にいるのは税務署職員だけではありません。 我々の様に税務署から依頼を受けた税理士会から派遣された税理士も   …もっと読む

2023年・新年のご挨拶とM&A

2023年、新年あけましておめでとうございます。 税理士のなかやまです。   いやあ、早いものでもう令和も5年目に突入です。 昨年はウクライナ問題、数十年ぶりの円安、日用品を始めとしたさまざまなものの値上がりなど、 色々とビジネス・日常生活において逆風もありましたね。 その様な時代でも弊所の関与先で伸びているお客様はいます。   その法則を一言で言うのは大変難し   …もっと読む

ふるさと納税の落とし穴

おはようございます。 師走になりました。 今年はコロナだけでなく、ウクライナの戦争や急激な円安、各種物価高など、 中々厳しい1年だったかと思います。 来年はうさぎ年ですので、是非飛躍の年としたいですね。   さて10月号でお話しした、300万円未満の副業が雑収入になる件ですが、 世論の圧力に押されて?あっさりと通達改正となりました。 300万円未満の副業であっても帳簿を作   …もっと読む

令和4年度 年末調整のご案内

おはようございます。 ケーキのモンブランで秋の季節を感じるなかやまです。 モンブラン美味しいですよね! ちなみに私、学生時代に中華街の聘珍楼で甘栗焼きのバイトをしておりました。 今は色々なお店で甘栗の店がありますが、当時は聘珍楼くらいしかなかったと思います。 つまみ食いで一生分の栗を食べましたが、モンブランならまだいけます!   さて11月になると年末調整シーズンの始まりで   …もっと読む
1 2 3 4 5 6 22