保証協会は都道府県、市区町村のどちらを選ぶべきか?

Q 創業融資を銀行に申し込みをした場合、自治体の制度融資となることが多いですが、自治体の制度融資は都道府県、市区町村のどちらに申し込めば宜しいのでしょうか?また同時にその2つに申し込むことは出来るのでしょうか?

 

A 都道府県と市区町村の制度融資のどちらが有利かは、比較してみないと何とも言えません。創業融資についてですが、都道府県は融資の限度額が1,500~2,500万円程度ですが、市区町村の場合はそれよりも少ないことが多いです。借入れた場合の利息ですが、こちらは都道府県より市区町村の方が低いことが多いです。利子補給ですがこちらは都道府県よりは市区町村の方が受けられることが多いです。同じように保証料補助ですがこちらも都道府県よりは市区町村の方が補助を受けられることが多いです。融資までの審査期間ですが、都道府県より市区町村の方が面談回数が多い感じなので、その分融資実行までの時間もかかります。その他、融資期間などは都道府県・市区町村で差はないと思います。

 上記の様にそれぞれの自治体によって大きく変わる他、申し込みに行った銀行などの金融機関によってどちらかの保証協会と付き合いが深いという事もありますので、その場合、申込者側で決められないこともあります。また都道府県と市区町村の制度に同時に申請する事は難しいと思われます。原則としてどちらかに申請して、ダメだった場合、もう片方に再申請することになります。但し、片方でダメだった場合はなぜ融資不可だったのかその原因を検討しておく必要があります。

 これらの判断は弊事務所の経験則なので、絶対ではありません。また各自治体によっても差はあると思いますのであくまで参考にとどめておいてください。