領収書のもらい方は?

 金額・日付が入っていれば大丈夫です。

宛名はできる限り書いてもらいましょう。

品名なども記入されていれば理想です。

 

 お店などで領収書をもらうときには必ず金額・日付が記入されているかを確認しましょう。

レシートがあるのにわざわざ領収書をもらいなおす方もおりますが、レシートでもOKです。

レシートは金額・日付はもちろん品名なども詳細に記載されるものもあるため、領収書よりも証拠書類としての効果を発揮してくれることも多いのです。
これらの記載がない場合には証拠書類としての根拠が弱まってしまい税務調査の際などに指摘される可能性があります。

確実にお金を払っているのにそれを証明できないというのは非常にもどかしいものです。

自ら後で書くという事も、筆跡でほぼわかってしまいますので、多少会計時に時間がかかっても上記のポイントはもれなく書いてもらうようにしましょう。
 

 また、支出する内容によっては領収書自体がもらえないこともあります。

例えば冠婚葬祭で慶弔金を支払った際には領収書はもらえません。

このような場合はその冠婚葬祭に関する案内書などを保存しておき、その余白部分に支出金額を直接記入する方法が最も確実です。
それ以外の場合についても、領収書が出ないと思ったら日付、支出先、金額、目的などを市販の出金伝票などに詳細にメモしておけばその出金伝票をもって領収書に代えることができます。