確定申告とは?

 確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの所得などを自ら計算し確定申告書を作成した上で、翌年の2月16日から3月15日までの間に税務署へ提出して所得税を決定するたに行う手続きのことをいいます。

 

 確定申告は所得税を確定するために行う手続きです。

所得税は手段を問わず、一定以上の所得がある人全てに納税義務がありますが、全ての人が確定申告をしなければならないわけではありません。

例えば、会社員は確定申告の代わりに所属している会社で年末調整によって税金が確定する場合がほとんどです。

年末調整とは「毎月給与から天引きされていた税金の1年間の合計額」が「最終的に計算された本来のその年に収めるべき税金」を上回る場合にその上回る税金が還付され、また逆の場合は税金を追加徴収することで所得を精算することをいいます。

これによって一年間の所得税が確定するため、会社員は特定の場合を除き確定申告は省略されることが多いです。

 

 では、確定申告はどんな人がするものでしょうか?
それはズバリ、給与以外の収入がある人です。
例えば不動産の収入や副業をしている会社員などが挙げられます。
そして、特に確定申告と関係してくるのは個人商店を営んでいる方やフリーランスでデザインや執筆などの事業を行っている方などのいわゆる「個人事業主」です、
個人事業主は会社員のように会社が手続きをしてくれないため、所得を計算するために自分で帳簿を記帳し、申告をしなければなりません。