良い税理士を見つける秘密

良い税理士を見つける秘訣

 

初めて税理士を探している、または現在お願いしている税理士から変更したい。
そういった方のために、よい税理士の見つけ方をご紹介いたします。

 

その前に、税理士の仕事とはどういったものかご存知でしょうか?
簡単に言うと、「税務状況を会社や個人の代わりに、国(行政機関)に申告する事」、それにともなって、書類の作成や調査の立会などが付随します。
また、税務に関する訴訟が起こった場合、契約者の代理人として、出廷し、契約者の納税に関しての陳述を代行する事もあります。 これらの仕事の多くが、税理士にしかできない仕事なのです。

これらの基本業務から転じて、開業支援や人事や資金に関するコンサルティング業務、相続に関する相談などを請け負っているのですね。
これらの業務はどんな方・企業にとっても重要ですし、逆に言えば、信用するに至らない税理士に依頼する事は、企業様の経営に大きなダメージを与えかねないものです。

「有名だから」「たまたま目についた」そういった、何気ない選び方には注意が必要です。 ぜひ賢く税理士を選んでください。

①料金が明確である

「税理士さんて何をしてくれるの?」 弊事務所では行う業務とその報酬について全て事前にご説明・見積り提示を行います。
一般的に税理士との顧問契約は費用が高い!そうお考えではないでしょうか?
ここで1つご質問をいたします。なぜ税理士との顧問契約は費用がかさむのでしょうか?
税理士の仕事と言うのは「人的サービス」にほかなりません。 つまり税理士事務所のコストの大きな部分を占めるのが人件費となります。 確かに税理士が直接会社へ訪問し面談をすることにより双方が得られる情報はメールや電話とは比較になりません。 しかし訪問型の面談は移動時間を含め税理士を長時間拘束することになる為、どうしてもある程度の顧問料が必要となるのです。
また昨今は会社設立が容易になったこともあり、自宅を会社として登記されている方も多数いらっしゃいます。 そういった会社の場合、「自宅に来られるのはちょっと・・・」と感じる方も多いでしょう。 新規設立の会社の場合、設立当初は取引量自体が少ない事もあり、それほど訪問を必要としない場合もあります。
そこで弊事務所では、従来の『訪問型』ではなく『来所型』とすることにより、 またお客様との面談回数をお客様自身に選んでもらうことにより税理士報酬を下げることにいたしました。 もちろん訪問を希望されるお客様には、従来どおりの訪問も致しますのでご安心ください。

②高品質なサービスの秘密~

「訪問しないのにどうやって会社の財務状態がわかるのか?」
弊事務所のシステムを導入することにより、インターネットを通じてデータのやり取りするので横浜・神奈川等の訪問対象エリアはもちろん、遠方であっても会社の財務状況を把握することが出来ます。
弊事務所のシステムを導入していただくことにより、データセンターに一元管理されたデータを共有するので、リアルタイムで最新の財務状況を確認することが出来ます。データを双方でやり取りする場合は、税理士事務所でチェックしている間は、会社側で入力をストップしなければならない等不便な点がありましたが、弊事務所のシステムなら常にお互いが最新のデータを確認することが出来ます。
またクラウドサーバー内にデータを共有保存してあるので、税理士事務所と会社間でメール等でデータのやり取りをする必要は一切ありません。またトップクラスのセキュリティーを誇るデータセンターで会計データを保存しているため、お客様の会社でデータのバックアップをする必要もなく、また情報漏えいの不安もありません。

③なんでも相談できる・したくなる

一般的に、税理士等の「士業」は敷居が高く思われがちですが、 本来、税理士業はお客様あってのサービス業であるべきものです。
「経営者は孤独である」とはよく言われることですが、経営者の悩みを共有し、将来に向かって一緒に行動し、考えてくれる、そういうウマが合う税理士を見つけるのが一番大切だと言えるでしょう。「税理士には税金の事しか聞いたことがない・・・」弊事務所に移られてくる方で、そうおっしゃる方がとても多くいらっしゃいます。
弊事務所では税務会計の事にとどまらず、どんな些細なことでもご相談いただけるような、また相談したくなるような環境づくりを心がけております。 もちろん他士業の専門分野となる場合などは、弊事務所の専門家ネットワークをフル活用して対応いたしますのでご安心ください。
また大規模事務所にありがちな、「税理士と全く会えない」「担当者からのレスポンスが遅い」など、従来の税理士事務所にあった不満を少なくし、お客様の疑問・質問などをすぐに解決いたします。