面談のポイントとは?

Q 今まで融資の経験がありません。創業融資を申請する際の面談ポイントがあれば教えてください。

 

A 創業融資を申請する方は皆さん初めての経験だと思いますので、緊張するのではないかと想像致します。当たり前ですが、堂々と自信をもって事業計画をプレゼンする事です。そのためにはしっかりした準備が必要になります。これが基本だと思ってください。

 創業融資を申請する多くの方が、初めての体験だと思われます。よって面談の際にどうしても緊張してしまう方も多いです。その緊張を取り除く最大のポイントは、やはり事前準備だと思います。可能な限り事業プランを詰めていれば「何を質問されても問題ない!大丈夫!」と言う自信を持つことが出来ます。その他、面談に挑む際の心構え・ポイントについては次を参照してください。

① 身なりはきちんとする

 当たり前のことですが、第一印象は大事です。経営者になろうとしているわけですから身なりにも気を使わなければなりません。それと言葉遣いにも注意してください。

 服装ですが、特に業種特性がない場合は、スーツを着ることをお勧めします。最も無難です。

② 余計なことは一切言わない

 聞かれたことに答えないのも困りますが、質問されていないことはしゃべらない方が賢明です。特にマイナス情報については「質問されていないようなことまで話さない」という事を肝に銘じておいてください。面談の際に、「緊張のあまり思わず口にしてしまった」と言う方も少なからずいます。

③ 嘘はつかない

 面談の際、嘘をついてはいけません。極端なことを言いますと、表現が不適切かもしれませんが、「簡単にばれてしまうようなウソなら、事実を説明した方が良い」でしょう。しかし、質問されていないことについては、たとえ事実に反する事でも、余計なことはあえてしゃべらない方がいい場合があります。